Wednesday, June 5, 2013

The Great Gatsby

 
   
   
日本では16日から上映予定?の映画
’’華麗なるギャツビー’’を昨日見て来ました。
予告を見ても分かるようにキャストも映像もストーリーも本当に素敵な映画。

’’ギャツビー’’とはアメリカの有名な小説で
アメリカの高校生はみんな学校で読まされる様な誰もが知ってるラブストーリーらしい。
ある日お金持ちの女性に恋した男性が彼女を探すためにお金持ちになって豪華なパーティーを繰り広げて、
見事に再会して新たに二人の愛が繰り広げられる...的な話。

この映画のNY舞台の1900年前半のカルチャーが私にとってとても魅力的であります。
なんせ約150分の映画って長過ぎて途中寝てしまう覚悟で行ったものの
60分も無かったんじゃないってくらい映画の中にすぐに入り込んでしまいました。
ちなみに久しぶりに映画で最後に泣いてしまったぜ。
愛に生きる一途さ、響きは素敵だけど結局辛いだけじゃないかと思ってしまう...よーなw

正直映像が凄すぎて最初は観てるのが少し辛かった気が...リアルにかけるとゆうか。
いや、でも映像の迫力は半端じゃなかった。3Dでもう一回みたいかも!

レオナルドデカプリオは全然タイプじゃないけど
シャツを投げてるシーンが男前に見えたのは私だけ?
あとはDaisy役のCarey Mulliganが可愛すぎて終止、妖精に見えてました。

映画評論とか出来ない私が長々と語っていると言う事は
ココ最近ではとてもお気に入りの映画って事です。
是非とも観て下さい〜♡